主な資格

1992 文部省認定レタリング講座文部大臣賞
1995 文部省認定毛筆書写検定1級優良賞
1997 文部省認定書道専攻科講座文部大臣賞
1998 文部省認定POP広告クリエーター講座優秀賞
書公募関係 毎日・中日・産経・道風書道展など入選・入賞
2006 モントリオール芸術祭 書道芸術賞
2007 モナコ芸術祭 フランシス・プーランク賞

主な活動歴 初個展1997〜


開催年月    activity etc          掲載メディア タイトルなど
1997・6 初個展 「表現の工夫」 朝日新聞  イメージ多彩 自由奔放な書 芭蕉、宮澤賢治・・スピッツ「チェリー」まで題材に
1999・3 第2回個展 「挑戦」  中日新聞 B 北区の夢ざん新な書に
2000・10 松原喜久子氏とジョイント展    中日新聞  C 随筆を書で表現
2002・2 第3回個展 名古屋友禅&書のハーモニー展     朝日新聞 D 名古屋友禅と書 融合 画仙紙に染めの技法  苦心重ねて24作品
2002・8 街のこの人       名古屋
リビングニュース
E
自由奔放な書と型破りな発想で・・
2002・11 ドローイング・デッサン・版画コンクール入選        パキスタン日本大使館           入選  軸作品 「心如水」買い上げ
2003・2 第30回イタリア美術賞展入選
2003・7 JIAS日本国際美術家協会会員に推薦
2003・8 日・仏現代世界美術展推薦出品         
2003・10 サラリーマンプラザ   日本経済新聞社 F 新感覚の書アートに挑む
2003・11 番組名「ニュースアイ」 テレビ出演 テレビ愛知 ユニークな書の創作
2004・1 『みつけたこんな人』 北ホームニュースG 新感覚の書アーティスト
2004・2 上司のオフタイムを公開 シティーリビングH 趣味が仕事の原動力!? 
2004・3 第4回個展「自然の叡智」  中日新聞 I 早川さん3−D書
2004・4 ユーロリジョン現代世界美術展推薦出品 
2004・8 第32回キューバ美術賞展入選 
2004・10 ル・サロン入選 『響』
2004・11 ドローイング・デッサン・版画コンクール入選 
2005・1 旧加藤商会ビル 国の登録有形文化財碑文揮毫
2005・3 外務省主催日本パキスタン文化交流 北ホームニュース 『日本使節団の一員として文化交流の橋渡し』
2005・10 ル・サロン入選『躍動』
2006・10 ユニヴェール・ディザール誌に掲載 ユニベール
デザール誌
日仏注目作家として
2007・4 モンテカルロ・モナコ芸術祭フランシス・プーランク賞 中日新聞 K 墨とろうの技法、審査員ら驚かす
2007・10 あんこーる 愛知県内版      中日新聞 L 「新感覚の書」世界に挑む 
2007・11 ル・サロン入選『躍動U』 グランパレ
2008・1 フランス芸術家協会(ル・サロン)会員認定
2008・3 愛知県北警察署玄関表札揮毫
2008・4 名古屋市立楠中学校校歌揮毫
2008・11 ル・サロン入選『響V』
2008・11 名古屋市立楠小学校校歌・校訓揮毫
2008・12 第15回雪舟国際美術展無鑑査出品
「無V〜生命の感覚』
2009・7 公務員と芸術家 2足のわらじ マチオとマチコ 地域情報誌に掲載
2009・11 ル・サロン入選『禅の言葉 阿吽』グランパレ
2010・1 2010美術年鑑掲載 書道界異色作家
20101 ル・サロン入選『天空の鬼神』グランパレ
2011/11  名古屋市立守山西中学校校歌揮毫    
2012/10  名古屋市立辻小学校校訓揮毫    
2013/03  第5回個展 新感覚の書展    中日新聞M  

ホーム

HOME
新感覚の書で世界に挑戦  3D書道 墨と蝋の芸術   
              早川鐵牛プロフィール
HOME

Tetsugyu Sho Art

世界展(墨と蝋) 個展(表現の工夫) 書をデザインする コラボ
(玉屋庄兵衛・韓笑梅)
カルチャー&受講生作品
掲載された新聞記事 プロフィール パキスタン文化交流
・蝋書講座etc
公務とアイディア 
公務と書
文部科学省認定
社会通信教育講座
子どもの頃の習字 サイトマップ ユニベール・デザール誌 カテゴリー別作品一覧 最新情報
2008・1 フランス芸術家協会(ル・サロン)永久会員
2003・7 JIAS日本国際美術家協会会員
19972000 生涯学習1級インストラクター(書道・レタリング1997・POP2000
世界展(墨と蝋) 個展(表現の工夫) 書をデザインする コラボ
(玉屋庄兵衛・韓笑梅)
カルチャー&受講生作品
掲載された新聞記事 プロフィール パキスタン文化交流
・蝋書講座etc
公務とアイディア
 公務と書
文部科学省認定
社会通信教育講座
子どもの頃の習字 サイトマップ ユニベール・デザール誌 カテゴリー別作品一覧 最新情報

3D書道 墨と蝋の芸術

新感覚の書で世界に挑戦

早 川 鐵 牛  プロフィール

  
 少年期: 就学前、新聞の活字を上手く真似て書く私を見て、職人の父は、入学と同時に書の塾へ通わせました。
 小学校から帰宅すると、丸い飯台の前に正座して墨をすり、父の目の前で稽古をし、それから書の塾へ(当時書の塾は1週間に3度)。
終わって帰ってくると結果を父に見せ、良くないところがあると再度稽古をしました。また、競書会が開催されるときはその1ヶ月前から稽古を毎日続けました。手本通りかけないと、父によく叱られたことを今でも思い出します。
 こうした人の何十倍何百倍もの練習と父のお陰で、競書会の上位入賞を繰り返しました。
 中学生の頃に書の塾の恩師が急逝。しばらく書から離れていました。・・・・・・子どもの頃の習字

 青年期: 20歳の頃、墨の香りが忘れられず、亡恩師の同門の先生を訪ね暫く通うが長続きしなかった。それから30代半ばまで、師につかず独学していたが、漢字と仮名交じりの書(近代詩文書・調和体)に出会い、著名な書家について古典から創作までの勉強をしました。

 
詳しくは2007・10付中日新聞愛知県内版「あんこーる」に・・・・

主な受賞歴